確かなリスク管理のためのバッチ処理チェック

大量の連絡先リストをチェック可能にした4ステップモデルが、個々のデューデリジェンス調査とバックグランドチェックにかかる時間を削減します。4つのステップは自動化することができ、スクリーニングの工程を簡易にし、作業負担を最低限に減らします。

連絡先リストをインポートする

スクリーニングをかけたい個々の連絡先が記載のリストをアップロードする。PEPs(Politically Exposed Persons:重要な公的地位を有する者)や各国制裁リスト、インターポールリストに加えて、社内リストやネガティブニュースに対して照合がなされます。

個々のスクリーニング

自動チェックの結果をレビューして潜在的なリスクを見つける

リストの更新

取引先リストを日々更新して常に最新の状態に保つ

レポートの作成

さらなる調査やモニタリングを必要とする連絡先をまとめる

BatchNameCheckが便利な理由

BatchNameCheckは安全で効率的、費用対効果の高いデューデリジェンスを実現するソフトウエアです。既存もしくは新規の取引先となる企業や人物をスクリーニングします。

法的に求められる要件や水準は厳しくなっていながら監査を遂行する頻度は上がっています。取引先となるサードパーティー企業のリスクから自社を守るため、企業はコンプライアンスを確実なものにするため効果的なスクリーニングやモニタリングを実行しなければなりません。

BatchNameCheckは随時多数の人物や企業に対してスクリーニングを行うことでその結果やレポートを日々提供し、リスクとなる取引先の発見につながります。

BatchNameCheckはインストールは容易で企業が設置するファイアウォールの中にある既存システムに問題なく結合します。All-in-oneのパッケージのため、チェックを実行するために必要な検索やワークフロー、レポートのツールは全て含まれていて、監査にも問題なく対応します。

お問い合わせ
お問い合わせ内容(例)
  • ウェブサイト以外の情報を知りたい
  • トレーニングをリクエストしたい
  • 製品説明を希望
    デモンストレーション
  • ログインできない、または技術的な問題がある